最先端の放射線治療機「View Ray社のMRIdian」システム特殊工事

国立がん研究センター中央病院に日本初のMRI機器導入特殊工事を弊社にて施工しました

View Ray社のMRIdian(メリディアン)は、0.35T の MRI で照射中の患部の MRI 画像を描出し、アダプティブ放射線治療(体形変化や病巣の大きさの変化、臓器の位置変化などに適応し、最適な治療を続ける方法)を可能とした装置です。

国立がん研究センター中央病院に導入された、日本初となる最新のMRI機器。Sanseiの高度医療機器特殊工事にて設置され、現在稼働をスタートさせています。

MRIdianは、リアルタイムでの放射線治療を可能とし、さらに進んだがん治療方法として今後の国内導入が見込まれます。

Sanseiでは、豊富な高度医療機器特殊工事の事例があります。
様々な工事実例を元に、貴院に最適な工事をご提案します。

ぜひ、お問い合わせください。