手術室用ガラスウォール MEDIK

ドイツの最先端ホスピタルデザインMEDIK

 MEDIK ロゴ
Sanseiは、ドイツで生まれた手術室用のガラスウォールユニットの正規輸入販売・施工代理店です。

手術室のあらゆるユニットに対応

ユニット説明
ハイブリッド手術室はもちろん、MRI、CT、内視鏡室など最先端医療の現場の壁、ドア、自動ドア、シーリング、モニタ、デスクなどに対応が可能です。ガラスという素材は環境に優しく、100%リサイクルが可能です。それに着目し、あらゆる試験を経て製品化されたのが、MEDglas® WALLを始めとした製品群です。

掃除が楽で非常に衛生的

クリーンイメージ
従来の壁材と違ってそのまま清掃できます。飛沫などの汚れもすぐに分かり、院内二次感染の低減に大きく効果を発揮します。また、天井や床との接合部分もわずかなスペースで施工が可能です。

ガラスでも様々な絵柄のプリントが可能

写真を壁にプリント
ガラスでも、あらゆる写真やグラフィック、模様をプリントすることが可能です。また、MEDglas® LIGHT を使えばライトによる様々な室内の照明コントロールも可能になります。

耐震実験実証済み

耐震実験
厚さ10mmの一枚ガラスは、しなやかで耐震性に優れています。欧州に比べ日本は格段に地震が多く、それを実証するために、耐震実験をUR都市機構の振動実験棟にて行いました。東日本大震災の揺れをシミュレートし、耐震実験を行った結果問題ありませんでした。
UR都市機構振動実験>>

世界中260以上の医療施設に採用されています

手術室導入例
MEDIKのガラスを用いた手術室はすでに、世界中で納入実績があります。
ぜひ、下記よりお問い合わせください。

MEDIKに関する詳しいお問い合わせ

TEL:045-594-3851 MEDIK担当まで

2015年11月17日